エヌ・エストップ>主なサービス内容>打放コンクリートの色合わせ・補修

打放コンクリートの色合わせ・補修

コンクリート打設後の様々なトラブル・・・お任せください。 本来の打放の美しい素地を再生いたします。

 

■錆・ノロ・エフロ・アクなどの除去

■色あせ・雨だれ跡の色調整

■バリ・ささくれ・欠損・巣穴・段違い・気泡・割れ・ピンホールの補修

 

打放しコンクリートの美しい質感を取り戻します。

 

 

お見積もり--------------------

見積依頼・ご相談はこちらから。

<打ちっ放しコンクリート補修作業>

 

写真をクリックすると大きな画像が見れます。



セメントで穴埋め、パテ補修などを施し、

下地を整えます。

  2


丁寧にペーパーをかけ
表面を整えます。
  3


表面にコンクリート粒子を噴霧。
  4
  Point!

補修面がまわりに馴染むように、匠の技術で色合わせをしていきます。
  5


完成です。
美しい打放コンクリートが再生されました。




コンクリートの補修で「エポキシ注入」をご希望される場合は、
お気軽にお申し出ください。

<クラック補修作業>
 
コンクリートクラック補修写真1

新築一戸建て分譲地のコンクリートの擁壁に、

縦3Mほどのクラック(ひび割れ)が出来てしまった。

 
コンクリートクラック補修写真2

クラックの奥深くまでエポキシ樹脂を浸透させ、クラックが広がらないように施工する。

注射器でエポキシ樹脂を注入するための「台」を設置、その周辺とクラックの表面にコーキングを打ち、樹脂が内部へ浸透しやすくする。

 
コンクリートクラック補修写真3

エポキシ樹脂を注入するための注射器をセッティング。
 
コンクリートクラック補修4
  Point!
24時間かけてゆっくりとエポキシ樹脂がクラックの奥深くまで浸透していく。
 
コンクリートクラック補修写真5


エポキシ樹脂の注入が終わり、土台とコーキングを除去。 その後、コンクリートの色調整を施す。

コンクリートクラック補修写真6


完成

縦に大きく亀裂の入ったクラックは、どこにあったのか分からないほどに、キレイに補修されている。

 

大阪狭山池ダム資料館

発注者= 大阪府 
設計 = 安藤忠雄建築研究所 
所在地= 大阪府大阪狭山市 
完成 = 平成11年(1999)

 

狭山池ダム資料館の膨大な外壁はご覧の通りコンクリート打ちっ放し。全ての打ちっ放しコンクリート部分をエヌ・エスが美装担当致しました。


大阪狭山池ダム資料館

有限会社エヌ・エス

〒573-0063大阪府枚方市走谷2-31-1
TEL:072-837-7000FAX:072-837-7766
#

見積もり依頼

お客様の声

#